節目の親孝行

8月09

両親の還暦祝に贈ると喜ばれるプレゼントなら『木の暮らし』

自分ももう大人になって、きちんと働いて、彼女も養って、そろそろ結婚も……。
ああ、随分長く生きてきたんだなあ、とふとそんなことを思います。

ただ、当たり前のことなんですが、自分の両親は、自分よりももっと長く生きているんですよね。
気がつけば、来年には父の、再来年には母の還暦でした。

自分がこれまで育ってこれたのも、両親のおかげ。自分のことで手一杯で、ここ数年はほとんど顔を合わせることもなかったので、還暦祝いこそはと思います。
何か喜ぶプレゼントでもできればと思うのですが、これがなかなかに難題。

両親の好きなものは何かと考えると、これといって具体的なプレゼントが思い浮かばないのです。それだけ、これまでにプレゼントを贈ってこなかったのだなあ、とちょっと反省しました。

還暦祝いにこそ、還暦祝いにふさわしいプレゼントを。節目の親孝行をということで、ちょっと頑張って両親へのプレゼントを選ぶことにしました。

さて、ところで、還暦祝いって何を贈ったものでしょうか?
誕生日やクリスマスなど、相手の好きなものをプレゼントするという風習と、還暦祝いはちょっと違うような気がします。
ただ、これもまた当たり前のことですが、自分は還暦祝いなんてもらったことはないし、両親以外の人にこれまであげたこともない……言ってみれば、還暦祝いに関して、自分は素人なのです。
何をあげれば喜んでもらえるのか、また何をあげるのが還暦祝いにはふさわしいのか。そこから出発することになりそうです。

| | Posted in category